山口市・宇部市・防府市で相続や遺言に関するご相談なら「相続手続き・遺言書作成サポート山口」にお任せ!(運営:香川行政書士事務所)

豊富な経験と実績のある行政書士事務所

相続手続き・遺言書作成サポート山口

〒754-1277 山口県山口市阿知須3257-21

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0836-65-3090

相続人調査

相続が発生すると、必ず相続手続きをする必要があります。

財産が多くなくても、相続税を支払う必要がなくても相続手続きは必要です。

その最初にすることが、この相続人調査と言えます。

この相続人調査により、被相続人(亡くなった方)の法定相続人になる人が誰なのか確定させなければなりません。

相続人調査は意外と大変

法定相続人を確定させるには、被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本等(改製原戸籍・除籍謄本)を漏れなく取り寄せる必要があります。

「そんなもの取らなくても知っている」

と思いがちです。

しかし、現実問題として知らない相続人がいないとは限らず、その場合その相続人を除いて行った遺産分割協議は無効となりますし、これらの戸籍謄本等が漏れなくそろっていないと、不動産や預貯金などの名義変更をすることができないのです。

市区町村役場からその戸籍謄本等を取り寄るのですが、婚姻や転籍等を何度も行っているような場合では、1ヶ所の市区町村役場で取り寄せられるとは限りません。

近くの市区町村役場ならともかく、遠方に何ヶ所もあれば、事前に各市区町村役場のHPで住所を調べ、申請書をダウンロードし、不備の無いように記載し、取得費用を調べて定額小為替を購入し、同封してようやく郵送できます。これを繰り返すのです。

行政書士は、相続関係図作成や遺産分割協議書作成など相続手続き業務のために、職務上請求書というものを使用し、お仕事や日常生活だけでなく、スピードや正確さが求められる相続手続きに支障が無いようサポートさせていただくことができます。

戸籍謄本等(改製原戸籍・除籍)とは

戸籍謄本・・・単に戸籍という場合は現在の戸籍のことであり、現戸籍と言います。

改製原戸籍・・・法改正により戸籍の様式が改製されることがあります。その際、新しい様式の戸籍に全ての事項が書き写されるわけではないため、改製前の戸籍として保存されたものです。「かいせいげんこせき」または「かいせいはらこせき」と呼びます。現戸籍と区別するためです。

除籍謄本・・・戸籍内に記載された人が死亡したり婚姻したりしてその戸籍から除かれ、全員除かれてしまった抜け殻が除籍簿です。

相続関係図を作成する

被相続人の全戸籍を取得したら、相続関係図/相続関係説明図を作成します。

必ず必要だというわけではありませんが、誰が法定相続人となるのか、慣れない相続人の方にも分かりやすくなります。

次は相続財産調査を行い、財産がどれだけあるのか、負債がどれだけあるのか調べ、それらをどういう割合でこの法定相続人で分けるのか協議することになります。

遺言書がある場合は、基本的には遺言書の分け方に従うことになります(但し、相続人全員が合意した場合は、遺言書とは異なる分割をすることもできます)。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0836-65-3090

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

メール受付時間:24時間365日OK