山口市・宇部市・防府市で相続や遺言に関するご相談なら「相続手続き・遺言書作成サポート山口」にお任せ!(運営:香川行政書士事務所)

豊富な経験と実績のある行政書士事務所

相続手続き・遺言書作成サポート山口

〒754-1277 山口県山口市阿知須3257-21

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0836-65-3090

法定相続分と遺留分

書があり、それが法的に有効で、具体的に分割方法などが記載されていれば、その遺言書の分割方法が優先され、原則その内容に従うことになります。

 

しかし、遺言書がない、または法的に有効な遺言書がない場合は、民法に定められたこの法定相続分を目安にしつつ、また遺留分を侵害しないよう気をつけながら、遺産分割協議をすることになります。

※法定相続人全員の合意があれば、遺言書とは異なる分割をすることも可能です。

法定相続分・遺留分一覧表

相続人→

↓相続人の組み合わせ

配偶者

(常に相続人)

子ども

(第一順位)

父母

(第二順位)

兄弟姉妹

(第三順位)

配偶者と子ども

2分の1

(4分の1)

2分の1

(4分の1)

 

配偶者と父母

3分の2

(3分の1)

3分の1

(6分の1)

配偶者と兄弟姉妹

4分の3

(2分の1)

4分の1

(なし)

配偶者のみ

全部

(2分の1)

子どものみ

全部

(2分の1)

父母のみ

全部

(3分の1)

兄弟姉妹のみ

全部

(なし)

※上段・・・法定相続分/下段( )内・・・遺留分
 

法定相続分について

相続が発生したときの法定相続人の組み合わせ(相続人の範囲と順位を参照)により、それぞれ法定相続分が変わります。

 

●法定相続人が配偶者と子どもの場合、

配偶者が2分の1、子どもが全員で2分の1

●法定相続人が配偶者と父母の場合、

配偶者が3分の2、父母2人で3分の1

●法定相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合、

配偶者が4分の3、兄弟姉妹全員で4分の1

●法定相続人が配偶者のみ、子どものみ、父母のみ、兄弟姉妹のみの場合、

それぞれの相続分は相続財産全て

 

子どもや父母や兄弟姉妹が2人以上いるときは、法定相続分÷人数が最終的に各人の法定相続分となります。

遺留分について

遺留分も、相続が発生したときの法定相続人の組み合わせ(相続人の範囲と順位を参照)により変わります。

 

大半の場合は、各法定相続分の2分の1が遺留分とされていますが、例外があります。被相続人(亡くなった方)の兄弟姉妹には遺留分がないということです。

 

従いまして、相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合では、兄弟姉妹の法定相続分が4分の1あるため、もしも遺言書がなく、兄弟姉妹が相続分の主張をすれば、残された配偶者は4分の1の遺産を分けることになります。

もしも自宅が主な財産であれば、分けることが出来ず、自宅を売って、お金に換えて、遺産分割をしなければならなくなるかもしれません。

配偶者に全てを相続させる旨が記載された遺言書があれば、兄弟姉妹には遺留分を主張することができず、配偶者が確実に全財産を取得することができます。

 

ちなみに、

●法定相続人が父母のみの場合、

父母の遺留分は3分の1

●法定相続人が兄弟姉妹のみの場合、

兄弟姉妹の遺留分はありません。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0836-65-3090

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

メール受付時間:24時間365日OK