山口市・宇部市・防府市で相続や遺言に関するご相談なら「相続手続き・遺言書作成サポート山口」にお任せ!(運営:香川行政書士事務所)

豊富な経験と実績のある行政書士事務所

相続手続き・遺言書作成サポート山口

〒754-1277 山口県山口市阿知須3257-21

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0836-65-3090

遺言書を作成する目的

『うちの家族は仲が良いから、法定相続分どおりに分ければよい』

『財産なんてたいした物はないから、争いになるようなことはないから大丈夫』

『遺言書なんて、縁起悪いし、まだ早い』

などと考えていませんか?

なぜ遺言書が必要なのか?

相続が起きたときに困るのは残された家族です。

家族の仲が良くても、財産が多くなくても、争いになる可能性があり、争いにならなくても家族の仲が気まずくなってしまうこともあります。

仮に争いにも、気まずくもならないとしても、相続が発生すれば、残された家族は相続手続きをしなければならなくなります。

遺言書が、争いを避けるための切り札であり、かつ、その遺族が行う相続手続きの手間や精神的な負担少なくすることができるのです。

悲しみの中で、葬儀や法要だけでも大変な遺族のことを考えれば、一定の年齢になれば、万が一に備えて遺言書は作成しておくべきものです。

 

『うちの家族は仲が良いから、法定相続分どおりに分ければよい』

法定相続分どおりキッチリ分けられるのは、全財産がお金のみの場合で、ほとんどのケースでは、平等にキッチリ分けることはできません。

自宅などの不動産が主な財産であれば、思い出の詰まった自宅を売ってお金に換える以外に平等に分ける方法はありません。そこに住んでいる方がいるなら悩ましい問題となってしまいます。

遺言書で、自宅をどうするのか、誰に相続させるのか、きちんと決めておく必要があります。

 

『財産なんてたいした物はないから、争いになるようなことはない』

たいした財産がなくても、平等に分けられなければ誰かが不満に思うかもしれないし、争わなくても気まずい思いをするかもしれません。

それに、キッチリ平等に分けることが正しい遺産分割方法とは限りません。

むしろ、それぞれのご家族、相続人のご事情や、生前贈与や介護などの寄与分の有無に応じて、法定相続分とは異なる分け方をするとか、妻などに全財産を確実に渡す方が争いが起きず、結果相続人にとって良いことがありますので、やはり遺言書は重要です。

 

『遺言書なんて、縁起悪いし、まだ早い

遺言書は遺書ではありません。遺書は亡くなる間際に書くものですが、遺言書は万が一の備えであり、愛する家族が自分の万が一の際に些細なことで争うことがないように、まだ元気なうちに決めておくものです。

認知症などのように、もしも判断能力がなくなってしまえば、遺言をすることができなくなってしまうのです。

だから、遺言書は縁起が悪いものなどではありません。家族に対する思いやりであり、生命保険のように、万が一のために早めに備えておくものです。

但し、遺言書を作成した際はこれがベストだと思って作成したはずですが、その後財産が増えたり、減ったり、相続人が変わったり、相続税制が変わったり、ということがあると思いますので、何かの変更があったときに、又は定期的に遺言書の見直しをする必要はあります。

※訂正や撤回は、遺言の方式に従って作成しなければ、無効となりますので注意が必要です。

遺言書の効果

財産の内容が分かる

遺言書をきちんと作成していれば、現時点でどのような財産があるのかが分かるので、突然相続が発生しても、遺言書の存在だけでも遺族に知らせておけば、遺言書によりどんな相続財産がどのぐらいあるのか、調べる手間がかなり省ける効果があります。

 

遺産分割協議をしなくて済む

遺言書には、その財産をどのように分けるのかが記載されているはずですので、遺族は財産を調べることなく、さらにそれをどのように分けるのか原則話し合う必要がなくなるため、精神的負担もかなり軽減できます。

 

相続手続きの負担を軽減できる

このように相続財産調査、遺産分割協議がなくなったり、少なくなったりすることで、相続手続きにおける相続人の手間だけでなく、精神的負担も減らせます。

 

相続人が納得しやすい

そもそも平等に分けることが難しいため、たとえ不平等でも、被相続人(亡くなる方)が相続人一人ひとりのことを真剣に思って書かれたものであれば、納得できる可能性が高くなります。

 

遺言書に付言事項を盛り込むとなお良い

付言事項とは、遺言書に記載しても法的に効果がなく、義務も発生しませんが、なぜそのような(不平等な)分け方になったのか一人ひとりの名前を挙げて理由を添え、感謝の気持ちを伝えるとなお良いです。

遺言書は見直しが重要!

画像の説明を入力してください(フォントが小さく設定された文章です)

遺言書を作成した後、何年、何十年と経過すれば、財産が増えたり減ったり、相続人が増えたり減ったり、相続税制が変わったり、遺言者の気が変わったり、というようなことがあるでしょう。

しかし、何かかの変更があったときに、そのままにしていては、結局その遺言書が無効になったり、逆にトラブルの元にもなりかねません。

 

遺言書は、何度でも書き直すことができます。遺言書に記載された作成日付が最も新しいものが有効となります。

以前の遺言書と異なる内容が新しい遺言書に記載されていれば、自動的に以前の遺言書を取消したことになり、新しい遺言書に記載されておらず、内容が抵触しないものは以前の遺言書が有効となりますので、基本的にはそれほど書き直す手間が発生するわけではありません。

 

書き方次第では、出来るだけ書き直しをしなくても良いようにすることもできますが、基本的には、何かの変更があったとき、又は、定期的に遺言書の見直しをすることをお勧め致します。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0836-65-3090

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

メール受付時間:24時間365日OK