山口市・宇部市・防府市で相続や遺言に関するご相談なら「相続手続き・遺言書作成サポート山口」にお任せ!(運営:香川行政書士事務所)

豊富な経験と実績のある行政書士事務所

相続手続き・遺言書作成サポート山口

〒754-1277 山口県山口市阿知須3257-21

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0836-65-3090

自筆証書遺言

遺言書には多くの方式がありますが、
主な方式の一つがこの「自筆証書遺言」です。

自筆証書遺言とは、他人の力を借りずに、遺言者が自分だけで作成できる遺言方式です。

但し、自分だけで作成できる一方で、書式や内容について一定の条件を満たしていないと法的に無効となる可能性があるなど、メリット、デメリット、注意点があります。

●自筆証書遺言のメリット

①証人の必要がない

②いつでもどこでも自分だけで手軽に作成できる

③費用が(あまり)かからない

④遺言の内容も、遺言書を作成したことも秘密にしておくことが出来る

⑤書き直しも比較的簡単にできる

●自筆証書遺言のデメリット

①開封前に家庭裁判所の検認手続きを受ける必要があり、手続きに手間と時間がかかる。

②方式不備や曖昧な内容になりがちで、相続発生時に問題になったり、無効になったりする可能性がある。

③法定相続人などによって、偽造、変造(改竄)、紛失、破棄、隠匿される危険性がある。

④遺言書の存在を秘密にしていると、死後、発見されない可能性がある。

⑤病気、ケガ、高齢等で手が不自由となり、字が書けなくなった方は作成できない。

⑥遺言書作成時に意思能力が備わっていたかどうかで相続人が争う可能性がある(認知症など)。

 

●自筆証書遺言作成の際の注意点

自筆証書遺言は、手軽に作成できる一方で、書式や内容について一定の条件を満たしていないと法的に無効となる可能性があるので、細心の注意が必要です。

 

①遺言者が、必ず全文を自筆で記載し、遺言者本人が署名押印すること(認印・拇印でも可)。パソコン、ワープロなどで作成したものは無効。代筆されたものも無効。

②間違いを訂正したり、削除する場合は、訂正箇所に署名押印の際に使用した印鑑を押印し、「この行○字削除、○字加入」などと欄外に記入する必要がある。修正液の訂正は無効。

③作成年月日を正確に記載し、遺言者の氏名、押印をすること。遺言書が複数見つかった場合、最も日付が新しい遺言書が有効となるため。年号は西暦でも可。

④用紙、筆記用具の種類は特に決まっていないが、用紙は長期間の保存に耐えるものが望ましく、大きさはA4かB5が良く、修正、改竄されないようボールペンや万年筆が望ましい。

⑤封筒に入れるかどうか、封をするかどうかは自由ですが、改ざん等防止のため、通常は封筒に入れ、遺言書に押印した印鑑で封印をしておく。表面には「遺言書在中」と記載し、裏面には「遺言者の死後、開封せず、家庭裁判所に提出して検認の手続きを受けること」などと記載しておくと良い。※封筒に入れた場合は家庭裁判所の検認が必要。

⑥複数の者が、同一の遺言書に遺言することはできない。

⑦遺留分を侵害する遺言も有効だが、侵害された相続人から遺留分減殺請求される可能性あり。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0836-65-3090

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

メール受付時間:24時間365日OK