山口市・宇部市・防府市で相続や遺言に関するご相談なら「相続手続き・遺言書作成サポート山口」にお任せ!(運営:香川行政書士事務所)

豊富な経験と実績のある行政書士事務所

相続手続き・遺言書作成サポート山口

〒754-1277 山口県山口市阿知須3257-21

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

お気軽にお問合せください

0836-65-3090

秘密証書遺言

遺言には多くの方式がありますが、
主な方式の一つがこの「秘密証書遺言」です。

秘密証書遺言とは、その名のとおり遺言内容の秘密を守りながら、遺言の存在を明確にできる遺言方式です。

自筆証書遺言と、公正証書遺言の間のような遺言方式で、実際には利用されるケースは多くはありません。

ただ、きちんと不備なく作成しておけば、秘密証書遺言としてのメリットはあります。

秘密証書遺言のメリット

①遺言内容の秘密が保たれる。

いつでもどこでも自分だけで手軽に作成できる

③代筆でも、パソコン、ワープロで作成することもできる。

公証人が秘密証書遺言であることの証明をしてくれる。

④偽造・変造の恐れが少ない。

秘密証書遺言のデメリット

自筆証書遺言と同様、相続が開始した際には家庭裁判所に提出して、検認手続きを受ける必要がある。

②公証人役場で、証人2人以上の立ち会いのもと封印した封書を提出し、手続きをしなければならない。

③遺言内容は秘密にできるが、証人2人以上の立ち会いが必要のため、遺言書を作成したこと自体は秘密にできない。

③秘密証書遺言は本人が持ち帰り、本人が保管をすることになるため、紛失の恐れや、死後発見されない恐れもある。

④方式や内容に不備があれば無効になることがある。

⑤公証人役場に対する手数料がかかる(11,000円定額)。

秘密証書遺言作成の際の注意点・作成手順

秘密証書遺言に不備があった場合は、その遺言書は秘密証書遺言としては無効となります。

しかし、自筆証書遺言の形式に従って作成し、自筆証書遺言の要件を満たしていれば、秘密証書遺言としては無効でも、自筆証書遺言としては有効となりますので、そのようにしておくことをお勧めします。

 

≪秘密証書遺言の作成手順≫

①遺言書を作成する(できれば自筆証書遺言の方式に従う)

②遺言者が遺言書を封筒に入れて、遺言書に押印した印鑑を使用して封印する。

③証人を2人以上探す。

④2人以上の証人を連れて公証人役場に遺言書を持参する。

⑤遺言書を公証人と証人2人以上の前に提出し、公証人に自分の遺言書であることを申述し、公証人が遺言者の申述と提出日付を封書に記載し、封書に遺言者本人、証人、公証人が署名押印し、これで秘密証書遺言であることの証明がなされます。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

0836-65-3090

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

メール受付時間:24時間365日OK